画像
足立区 ベンツ A180 フロントフェンダー フロントドア リヤドア 修理 作業事例

  • HOME
  • 板金塗装
  • 足立区 ベンツ A180 フロントフェンダー フロントドア リヤドア 修理 作業事例

足立区 ベンツ A180 フロントバンパー フロントフェンダー フロントドア リヤドア クォーター 右側面修理 ドアミラー交換 実費 作業事例

 右、側面損傷のベンツA180のご入庫です。

足立区のKオート様より、ベンツA180のご入庫です。レッカー屋さんからの入庫で入庫時は右のフロントタイヤがバーストしていました。新品タイヤに交換したのち板金作業に入ります。まずは黄色の丸の箇所の板金作業ですがフェンダーパネルがアルミ製の為、内側から凹んだ部分を押し出し形を形成していきます。

 実費作業の為、可能な限りパーツは再利用。

予算の都合上、フェンダーは外さずに形を形成していきます。形成する際に押し出しすぎて膨らんでしまうと仕上がりに影響してくるので力加減を調整しながら作業していきます。

 市販品の工具をカスタマイズ。無ければいちから創り出す。

その作業に適した工具が無ければハンドメイドで作ったりもします。手の入りにくい箇所の修理に対応できる工具や市販の工具を使い勝手の良いようにカスタマイズしたりします。今回の作業事例では予算の都合上、付属品をなるべく外さずに作業をする為、フェンダーは全て外さずに修理していきます。

 アルミパネルのため微妙な力加減で。押し出す作業は根気、必須。

少しずつ形を形成しながらフロントドアとのラインを確認していきます。押し出しが足りなければ再度、押し出す作業を重ねていきます。

 左リヤドアの板金作業。パネルは鉄製のため、作業効率も上がります。

リヤドアのキズの凹んだ箇所の塗装面を削り、引き出し作業をしていきます。フェンダーのアルミパネルとは違い、鉄製なので引き出しチップが取り付けられ作業もスムーズに進められます。

 キズに合わせて引き出しチップを並べて溶接していきます。

キズで凹んでしまった部分に引き出しチップを溶接していきます。

 引き出しすぎないよう、結局どの工程でも、力加減が必須。

力加減が難しい引き出し作業です。力任せに引っ張るとパネルが膨らんでしまうので力加減を調整しながら作業を進めていきます。

 板金作業はパネルを叩いてならして形成していくのがベスト。

キズとヘコミの板金作業が終わったらそれぞれの箇所にパテを薄く塗っていきます。しっかりと板金をすることでパテの形成に頼らないお車本来の仕上がりに近づけます。

 ボディカラーの塗装前のサフェーサー。

上塗りする塗料の発色をよくしたり、しっかりと定着させる効果があるサフェーサーを吹いていきます。サフェーサーの後に塗装ブースでボディカラーを吹いていきます。

 国産車も外車も問いません。どんなお車にもご対応いたします。

ドアミラーは新品に交換し、取り外したパーツを組み付け、しっかりと磨き上げました。洗車をしてご納車となります。外車の修理は高そうなイメージですがご予算に合わせた修理方法のご提案もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。最後までお読みいただきありがとうございました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
03-3620-0297
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!