足立区 足立区 ニッサン ティーダ 左前 フロントバンパー フェンダー キズ ヘコミ 実費作業:55,000円 作業事例 神明鈑金工業所

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 足立区 ニッサン ティーダ 左前 フロントバンパー フェンダー キズ ヘコミ 実費作業:55,000円 作業事例

足立区 ニッサン ティーダ 左前 フロントバンパー フェンダー キズ ヘコミ 実費作業:55,000円 作業事例

 お見積りでのご来店ありがとうございます。

足立区のH様より、ニッサン、ティーダ、キズとヘコミの修理のご用命です。ご入庫の前日にお見積りでご来店くださいました。H様、雨の中ご来店いただきありがとうございました。※お見積りでご来店いただいた時の画像です。

H様とご一緒に損傷箇所を確認しながら、修理内容とお見積り金額をお伝えし、修理の内容、金額ともにご納得いただいたうえでご用命をいただきました。

H様、この度のご用命、誠にありがとうございます。

 ニッサン、ティーダがご入庫しました。

”代車はご不要”とのことなので、ご自宅までお送りさせていただきました。代車が必要な場合はお気軽にお申し付けください。低年式ではございますが無料にて貸し出しております。

板金スタッフが、損傷箇所の修理に入ります。作業を円滑に進められるように、まずは黄色の丸で囲ったヘッドライトやフロントグリル、ウィンカーを外します。各パーツを外したら、フロントフェンダーの凹んでしまった部分の復元作業に入ります。

 フェンダーのヘコミ箇所の復元をします。

作業中の画像を撮れませんでしたが、左画像の工具を使って凹んでしまった部分の復元作業をします。凹んでしまったフェンダーの裏側に鉄の塊のような ”あて盤” をあて、”あて盤” をあてた部分の表面から ”板金ハンマー” や ”やすりハンマー” を用いて鉄のパネルを叩きながら、右の画像のように本来のプレスラインへと少しづつ復元させます。

この後に続くパテを最小限にしたいので可能な限り板金作業で形を形成します。今回のようにプレスライン上にあるヘコミの復元の場合、さらに熟練の技が必要となります。

今回の作業方法以外にもヘコミに対しての作業方法は複数あり、スタッド溶接機を用いた引き出し方法もございます。

 パテをつけてパネルの形を整えます。

ヘコミ箇所の板金が終わったら、パテを付けます。余分なパテは研ぎ、塗装スタッフへ作業を引き継ぎます。

どの作業も完成に反映されますが、板金やパテ付けはダイレクトに完成に影響するため、前段階の板金がとても重要な作業となります。

 色合わせをします。

板金スタッフから作業を引き継ぎました。板金箇所にサフェーサーを吹き付け、色合わせをします。

調色、色合わせ、比色。板金スタッフから引き継いだ作業や新品パネルの下地処理、中間塗装、色合わせをしたボディ色の塗装、クリア塗料、磨き。簡単ではありますが板金作業同様に、塗装作業にも数多くの工程があり、その初めの作業として色合わせがあります。

塗料メーカーのデータを元に調色した基本の色をマグネットシートに吹き付け、ボディにのせ、隣り合うパネルとの色味を確認します。正面はもちろん、上下、左右、どの角度からみても不自然が無いよう色を作り出します。同じメーカーの同じ車種のお車でも、使用環境や保管場所、お手入れの頻度によっては色味もかなり変わってきます。色味が合わなければ、足りない色を見極め、微妙な調色を重ねていきます。お車によっては色合わせが半日かかる場合もあり、さらにはお天気にも左右されることもあり、とても繊細な作業となります。

 吹き付け作業の下準備をします。

吹き付け作業の前に塗装箇所以外にミストがかからないよう紙とポリシートなどで養生をします。作業を見ているとテンポ良く容易に養生するのですが、これが予想以上に難しい作業なんです。こちらの作業事例で養生と吹き付け作業の動画を確認出来ます。

 吹き付け作業が完了しました。

塗装ブース内での吹き付け作業が完了しました。しっかりと磨いていきます。

 組み付け作業をします。

塗装スタッフから作業を引き継ぎました。板金スタッフが外したパーツを組み付け動作確認をします。

 洗車をしてご納車となります。

最終的な仕上がりの確認をしながら洗車をし完成となり、ご自宅までご納車いたしました。S様、この度はご用命ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。お問合せは無料ですのでWEBまたはLINEよりお気軽にお問合せ下さい。営業時間内でしたらお電話でのお問合せも可能です。

ニッサン ティーダ 実費修理費用:55,000円

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!