足立区 足立区 トヨタ ラウム 右クォーター キズ 板金 リヤバンパー リサイクルパーツ使用 修理事例 神明鈑金工業所

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 足立区 トヨタ ラウム 右クォーター キズ 板金 リヤバンパー リサイクルパーツ使用 修理事例

足立区 トヨタ ラウム 右クォーター キズ 板金 リヤバンパー リサイクルパーツ使用 修理事例

 右、クォーターパネルとリヤバンパーの損傷

足立区のA様より、トヨタ、ラウムのご入庫です。右のクォーターパネルに擦りキズ、リヤバンパーも同様に擦りキズと大きな凹みがあります。クォーターパネルは板金で対応します。リヤバンパーに関してはお客様のお持ち込みのリサイクルパーツで対応いたします。

 作業の妨げになるパーツを取り外していきます。

板金、塗装作業の妨げになるバックドア、右のテールランプ、リサイクルパーツで交換するリヤバンパーなどのパーツを取り外していきます。

 鉄のパネルを叩いて形を形成していきます。

右のクォーターパネルの擦りキズと歪んでしまった部分の形を形成していきます。深いヘコミが見受けられないので溶接チップを必要とする引き出し作業は行わず、鉄のパネルを叩いて形を形成しました。タイヤハウスのラインもしっかりと復元させお車本来のプレスラインを形成します。

 板金作業が終わったらパテを塗ります。

損傷箇所を形成する板金作業が終わったらパテを薄く塗ります。乾いたら余分なパテを研ぎ、塗装作業に入ります。

 サフェーサーを吹き、色合わせをしたボディカラーを吹きます。

塗装作業、組み付け作業などの途中画像がありませんが、パテを研ぎ終え、サフェーサーを吹き、色合わせをし、ブースでボディカラーを吹きました。しっかりと乾かし、取り外したバックドア、テールランプなどのパーツを組み付けます。リヤバンパーは持込のリサイクルパーツを取り付けました。テールランプの点灯などの動作確認をし、リサイクルパーツのリヤバンパーと修理箇所をしっかりと磨き上げ、洗車をしてご納車となります。今回の事例のように、持込パーツの取り付けも可能です。お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。最後までお読みいただきありがとうございました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
03-3620-0297
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!