画像
葛飾区 板金塗装 三菱 キャンター 右フロントドア 作業事例

  • HOME
  • 板金塗装
  • 葛飾区 板金塗装 三菱 キャンター 右フロントドア 作業事例

葛飾区 板金塗装 三菱 キャンター 右フロントドア 作業事例

 後方の安全確認しながら後退(バック)しましたが…。

葛飾区のI自動車様から、三菱キャンターのご入庫です。フロントドアを開け、後方の安全確認をしながらバックしましたが、鉄製の塀にぶつけてしまったそうです。運転席側のドアの角がねじれたように損傷しています。お仕事でお使いのお車なので最短の作業日数で修理していきます。

 鉄のパネルを叩いて形を形成します。

板金といってもその作業内容は多岐にわたります。例えば新品パーツのフロントバンパーの交換も板金スタッフの作業内容のひとつですし、大きな事故による損傷のインナーパネルやアウターパネルの交換の際の溶接などもその作業内容のひとつです。このように多岐にわたる板金作業ですが今回の作業事例は鉄のフロントドアパネルを叩いて元の形に形成する「板金」のイメージそのものではないかと思います。ディーラーでは交換必須な損傷でもお客様の希望に沿って板金でご対応いたします。

 損傷箇所は表面だけではなく内側にも。

ねじれるような損傷だったため、内側の損傷も見受けられました。表面の板金同様に、内側も板金で形を形成していきます。板金作業のあとはいつものようにパテを薄く塗り、乾いたらパテを研ぎ、次の工程の塗装作業に入ります。

 フロントドア内側の塗装。

板金スタッフから、塗装スタッフへ作業が引き継がれます。板金作業で足りない部分のパテ処理をし、色の発色を良くするサフェーサーを吹き、色合わせをしたボディカラーを吹き上げ表面の塗装の前に内側の塗装を先に仕上げていきます。

 フロントドア表面の塗装前の下準備。

フロントドアの内側の塗装を済ませ、表面の塗装準備をしていきます。内側同様、板金作業で足りない部分のパテ処理をし、色の発色を良くするサフェーサーを吹いていきます。サフェーサーはお車のボディカラーに合わせ、ホワイト、グレー、ダークグレーと使い分けをしています。

 全ての下準備を終え、ボディカラーを吹いていきます。

修理箇所以外には色がつかないようにしっかりと養生をしてから色合わせをしたボディカラーを吹き付けていきます。吹き終わったら透明なクリア塗料を吹き付けます。

 乾燥させ、しっかりと磨き上げていきます。

塗装の後は磨き作業です。しっかりと磨き上げることで損傷前のフロントドアと同じように、またはそれ以上のクォリティーを目指し、仕上げていきます。

 取り外したパーツを組み付け、洗車、ご納車となります。

取り外したパーツを組み付け、パワーウィンドウ、ドアロックなどの動作確認をします。キャブを洗車し、お客様へご納車となります。お仕事でお使いのお車でしたので最短での作業を心がけました。作業日数はお預かり後、次の日にご納車で2日いただきました。商用車の修理日数のご参考になればと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
03-3620-0297
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!