画像
足立区 板金塗装 ワーゲン ゴルフ 左リヤドア 左クォーター 修理事例 

  • HOME
  • 板金塗装
  • 足立区 板金塗装 ワーゲン ゴルフ 左リヤドア 左クォーター 修理事例 

足立区 板金塗装 ワーゲン ゴルフ 左リヤドア 左クォーター 修理事例 

 左リヤドアと左クォーターの損傷

足立区のY自動車様より、フォルクスワーゲン、ゴルフのご入庫です。左のリヤドアパネルの歪みとキズ、続く左のクォーターパネルにもヘコミとキズが見受けられます。左のリヤドアは歪みの範囲が大きいので交換、左のクォーターパネルは引き出し作業を含めた板金で対応していきます。

 引き出しチップで左のクォーターパネルの板金

左のクォーターパネルの鈑金をします。キズ以外にヘコミがあるので引き出しチップを使用してプレスラインを復元していきます。引き出し作業が終わったら鉄のパネルを叩いて形を形成し損傷前の状態に近づけていきます。左のリヤドアは歪みの範囲が広かったので新品パネルに交換します。未塗装の状態のパネルを取り付け、隣り合うパーツのプレスラインとの兼ね合いを確認します。

 パテ付けと、サフェーサー処理

引き出し作業などの板金が終わったら、板金をした部分にパテを薄くつけていきます。左の画像のパテ付け、必要以外のパテを擦る作業までが板金スタッフの担当で、右の画像のサフェーサーを吹く作業からは塗装スタッフが担当します。

 色合わせをし、塗装、組み付け

サフェーサーを吹き、同時に色合わせをしたら塗装ブース内でボディカラーを吹きます。しっかりと乾燥させ、磨いたのち、組み付け作業に入ります。国産車、外車、ブランド、車種によって構成されているパーツの組み付け方は様々です。国産車では最終的に組み付けられるパーツでも、外車では一番初めに組み付けなければならないパーツもあるため、経験値を活かしながらの作業となります。

 動作確認、室内清掃、洗車

組み付け作業が終わったら、パワーウィンドウやドアロックなど、交換や一旦取り外したパーツの動作確認をします。その後、室内清掃、洗車をしてご納車となります。国産車、外車問わず修理いたします。外車の修理は高そうなイメージがありますがリサイクルパーツでの修理の提案など、お客様のご要望に可能な限り寄り添った修理を心がけております。お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。ホームページからのお問合せも可能です。最後までお読みいただきありがとうございました。

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!