画像
足立区 プロボックス クォーターパネル etc 事故損傷 作業事例

  • HOME
  • 板金塗装
  • 足立区 プロボックス クォーターパネル etc 事故損傷 作業事例

足立区 プロボックス クォーターパネル 溶接 etc 事故損傷 作業事例

 右、後部(リヤ部)損傷のプロボックスのご入庫です

足立区のY自動車様より、トヨタ、プロボックスのご入庫です。詳細な事故状況は不明ですがバックドア、リヤバンパーなどの損傷に加え、右後部から大きな力が加わったため、右のクォーターパネルが変形し損傷しているのを確認できます。今回はクォーターパネルの交換作業事例をご紹介させていただきます。

 損傷したパーツを取外し、分解、カットしていきます。

事故により損傷しダメージを受けた部分のバックドア、リヤバンパーの取外し、ロワバックパネルなどの分解、カット作業です。溶接部分の分解作業ですが、いくつものパネルが幾重にも組み合わさって構成されているため、重なり合うパネルの接合部分を一つ一つ剥がしていくような、とても根気のいる作業となります。

 ロワバックパネルなどのインナーパネルを仮のせ。

分解、カット作業が終わったら、次にそれぞれ新品のインナーパネルを仮のせをします。最終的には見えない部分ですが車の強度を保つ上で重要なインナーパネルです。

 クォーターパネルをボディにのせます。

新品のクォーターパネルです。パネルはこのようにプレスされた状態で入荷します。クォーターパネルをボディにのせ他のパネルとの隙間(チリ)など、兼ね合いを確認します。

 仕上がりをイメージ。

未塗装のパネルを全てのせました。隣り合うパネルとの隙間(チリ)や建てつけなどを確認し仕上がりをイメージします。

 クォーターパネルの溶接箇所。

新品パーツのプレス位置に合わせてボディ側をカットした、この接合部分を溶接していきます。

 重なり合う部分と接合部分。

クォーターパネル交換作業のように、パネル同士の接合部分は溶接。幾重にも重なり合うインナーパネルなどの溶接はスポット溶接で対応します。仕上がり後は見えない溶接部分ですが、丁寧に作業していきます。

 スポット溶接部分と、結合部分の溶接。

それぞれの箇所の溶接部分です。クォーターパネルの接合部の凸凹した溶接部分を平らにし、パテを塗り本来のボディラインに仕上げていきます。

 塗装、仕上げ。

パネルの交換、溶接などの板金作業が終わり、バックドア、インナーパネル、クォーターパネルの塗装をしました。取り外したパーツの組み上げ、新品パーツの取り付け、ガラスを取り付けて、仕上げの磨き、洗車をしたのちご納車となります。今回は中程度の損傷でしたが、大きな損傷の板金、塗装もいたします。お気軽にお問い合わせください。最後までお読みいただきありがとうございました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
03-3620-0297
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!